飛行機で暇つぶしするならコレ!機内モードでも利用可能なサービスまとめ

飛行機の中って、出来る暇つぶしが結構限られますよね。

私は出張で年間20~30回ほど飛行機に乗りますが、スマホを機内モードにするという制限がある飛行機だと、暇つぶしに困ることが多かったです。

 

機内で使えるWi-Fiも、あまり使い勝手が良いとは言えませんよね。

飛行機に乗る前に本を買って読む方も多いと思いますが、あまり長時間だと読むのに疲れてしまうでしょう。

 

 

そこで今回は、飛行機内で機内モードでも出来る暇つぶし方法を2つまとめています。

※私は俗にいう「意識高い系」ではないですから、今回はオーディオブックなど真面目な暇つぶし方法を除外しています。

 

暇つぶし① 動画サイト

 

個人的に一番オススメなのは、動画サイトの利用です。

ここでいう動画サイトはYoutubeなどではなく、U-NEXTやdTVなどの有料動画サイトです。

 

有料とはいっても、1日20円以下で利用できる低コストのサイトもあります。

 

利用するメリットとしては、

①ドラマやアニメ、映画が豊富で暇つぶしが手軽に出来る
動画をダウンロード出来るから、機内モードでも楽しめる
③最初の約1か月間は無料トライアルがある

この3つです。

 

①は当然として、②はかなり便利ですね。

特に②は、家でWi-Fi経由でスマホやタブレットに動画をダウンロードしておけば、機内モードでも好きなだけ作品が楽しめます。

これは、暇つぶしとしてはかなり優秀ですね。

作品によってはダウンロード出来ない場合もありますが、かなり稀といっていいでしょう。

 

 

③についても、利用者にやさしい制度です。

この31日間で今後利用するかどうかも検討して、良ければそのまま有料会員となります。

微妙だったら、31日以内に解約すれば1円もかかりませんから、気軽に試せます。

 

次は、個人的にお勧めの動画サイトをまとめます。

もちろん、どちらも動画のダウンロードが可能ですよ。

 

U-NEXT(ユーネクスト)

 

<基本情報>

・無料トライアル:31日間
・月額料金:1,990円(税抜き)
・実質料金:790円(税抜き)

<特徴>

見放題作品が約9万作品とダントツ
・有料作品を見るためのポイントが貰える
・雑誌70誌以上も読み放題
・家族4人までアカウントが作れる

 

<今すぐ無料トライアルに申し込む>
↓↓↓↓

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

 

私が一番使っているのは、このU-NEXTです。

 

何といっても、見放題作品がかなり多いのが魅力的ですね。

配信作品には「有料作品」と「見放題作品」があって、無料トライアル中や有料会員の間は「見放題作品」が好きなだけ見れます。

 

「有料作品」は別途料金がかかりますが、U-NEXTはそれを見るためのポイントも貰えます。

無料トライアル中でも600ポイント、有料会員になると毎月1,200ポイントが貰えますから、実質の月額料金も790円と低コストです。

 

定期的に動画を見る方なら、TSUTAYAなどでレンタルするよりも安くて手軽ですから、コスパも良いですよ。

実質790円で4つまでアカウントが作れますから、家族でそれぞれ同時に利用することも出来ます。

 

dTV(ディーティービー)

 

<基本情報>

・無料トライアル:31日間
・月額料金:500円(税抜き)

<特徴>

・有料+見放題作品で約12万作品と豊富
ドコモユーザー以外でも利用可能

 

<今すぐ無料トライアルに申し込む>
↓↓↓↓

【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!

 

U-NEXTの前に使っていたのが、このdTVです。

見放題作品数はU-NEXTに比べると少ない印象ですが、1日約18円で使えるというコスパはかなり優秀です。

 

無料トライアルも31日間と長いし、ドコモユーザーかどうかは関係なく利用できます

もちろん動画のダウンロードも出来ますから、 飛行機内での暇つぶしに有効です。

 

暇つぶし① 動画サイトまとめ

 

動画サイトでお勧めなのは、U-NEXTとdTVの2つです。

違いを簡単に言えば、見放題作品の数と月額料金です。

 

私の場合は、

①まず月額料金が安いdTVの無料トライアルを試す
②見放題作品の数に納得できればそのままdTVを継続利用
③納得できなければ、U-NEXTの無料トライアルを試す

この流れで利用しました。

 

dTVで納得できればその方が月額料金が安いですから、上の流れで利用してはどうでしょうか。

 

dTVの公式サイト
【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!

U-NEXTの公式サイト
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

 

<dTVの注意事項>

本作品の配信情報は令和元年5月3日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

 

<U-NEXTの注意事項>

※本ページの情報は令和元年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

暇つぶし② 雑誌読み放題

 

見たい動画がない時の暇つぶしには、雑誌読み放題サービスを利用しています。

紙の雑誌を買うとスペースを取るし処分も面倒なんで、雑誌読み放題サービスは暇つぶしにうってつけです。

 

メリットとしては、

動画サイトよりも安い
②ダウンロードしておけば飛行機でも楽しめる
③約1か月間の無料トライアルがある

この3つです。

 

先ほど紹介した動画サイトよりも月額料金が安い以外は、ほとんど同じですね。

次は、私が利用した中でお勧めしたいサービスをまとめます。

 

U-NEXT(ユーネクスト)

 

<基本情報>

・無料トライアル:31日間
・月額料金:1,990円(税抜き)
・実質料金:790円(税抜き)

<特徴>

約70誌以上が読み放題
・約9万作品の動画も見放題
・無料トライアル中もポイントが貰える

 

<今すぐ無料トライアルに申し込む>
↓↓↓↓

雑誌70誌以上+見放題動画約9万作品のU-NEXT!

 

動画サイトでも登場したU-NEXTですが、雑誌読み放題サービスも月額料金に含まれています

無料トライアル中には600ポイント、有料会員になれば毎月1,200ポイントが貰えますから、有料動画にもマンガや小説など電子書籍にも使えます。

 

実質790円で雑誌も動画も楽しめるだけでも優秀ですが、電子書籍を追加購入した時は全作品が最大40%ポイント還元ですから、かなり良いサービスです。

私は約2年間ほど利用していますが、今のところ解約する予定はありません。

 

無料トライアルも31日間がありますから、まずはお試しで動画や雑誌をいろいろ楽しんでください。

 

楽天マガジン

 

<基本情報>

・無料トライアル:31日間
・月額料金:380円(税抜き)
・年会費:3,600円(税抜き)

<特徴>

約250誌以上が読み放題
・楽天スーパーポイントでも支払い可能
・年会費プランだと年間960円安い

 

<今すぐ無料トライアルに申し込む>
↓↓↓↓

楽天マガジン

 

最初に私が利用したのが、この楽天マガジンです。

楽天でたまに買い物をしてポイントが貯まっているので、支払いも抑えられました。

 

今は動画+雑誌をU-NEXTで済ませていますが、単体で利用する場合は十分価値があります

 

年会費プランの方が月額料金×12回よりも安いんで、

無料トライアルを試す
⇒良ければ有料会員(月額)になる
⇒2,3か月使ってみて、継続するなら年会費プランに変える

っていう流れが良いと思います。

 

暇つぶし まとめ

 

2つ目は雑誌読み放題でしたが、いかがでしょうか。

動画サイトの時は「dTV⇒U-NEXT」の順番で利用することを推奨しましたが、雑誌も読みたい方はまず以下の流れが良いでしょう。

 

①U-NEXTの無料トライアルで、雑誌+動画を楽しむ
②月額料金に納得出来れば、そのまま有料会員になる
③納得出来なければ、dTV+楽天マガジンの無料トライアルを利用する

 

個人的には有料サービスを2つ同時利用するのが面倒だったのもあって、U-NEXT1本にまとめています。

とはいえ、雑誌読み放題サービスは動画サイト以上に、使ってみないと好きなモノが読めるか分かりません。

 

なので、まずは無料トライアルを試してみてください。

U-NEXTは70誌ですから楽天マガジンよりも少ないですが、見たい雑誌はU-NEXTの方が多い可能性もあります

 

公式サイトはこちらから。

U-NEXT
雑誌70誌以上+見放題動画約9万作品のU-NEXT!

楽天マガジン
楽天マガジン

dTV(動画サイト)
【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!

 

番外編:飛行機でWi-Fiを利用する

 

飛行機内では機内モードが基本ですが、2016年から飛行機でもWi-Fiが利用できます。

通信速度などは期待出来ませんが、急ぎのメールしたい時などは以下を覚えておくと役立ちます。

 

JALの場合

 

<飛行機でWi-Fiを利用できる路線>

 

JALの場合は、以下の路線(国内線)でWi-Fiが利用できます。

羽田(主要路線) 伊丹、関空、新千歳、名古屋、福岡、沖縄
羽田(それ以外) 女満別、旭川、釧路、帯広、函館、青森、三沢、秋田、小松、岡山、出雲、広島、山口宇部、徳島、高松、高知、松山、北九州、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、奄美大島、宮古、石垣
成田 伊丹、名古屋、福岡
伊丹 新千歳、那覇、奄美大島
関空 新千歳
名古屋(中部) 新千歳、那覇
福岡 新千歳、那覇
広島 新千歳
那覇 宮古、石垣

※左右にスクロールします。

 

<Wi-Fiへの接続手順>

1. Gogoユーザーアカウントの登録
2. 機内モードに設定する
3. Wi-Fi設定から「gogoinflight」を接続する
4. ブラウザを起動してJALのページから「インターネット」を選ぶ

 

JALの場合は、先にアカウントを作成する必要があります。

飛行機に乗ってからだと離陸前に済ませる必要があるので、前もって登録・ダウンロードしておくのが良いです。

 

ANAの場合

 

予約段階で、Wi-Fi対応しているかどうかが確認出来ます。

 

ANA公式サイトより引用

 

<Wi-Fi接続の手順>

1. アプリ「ANA」をダウンロードする
2. 機内モードに設定する
3. Wi-Fi設定から「ANA-WiFi-Service」に接続する
4. アプリを起動して「国内線 機内WiFi」を選ぶ
5. 「インターネット接続はこちら」をタップし、メールアドレスを入力する

 

この手順で接続ができます。

ANAの場合はアカウント登録がいらない代わりに、ネット接続にもアプリが必要となります。

これも、飛行機に乗る前に準備しておきましょう。

 

 

コメントは受け付けていません。