東京BABYLONがアニメ化決定!

過去に『カードキャプターさくら』『ツバサ』などの名作を生み出してきた漫画家集団・CLAMPですが、30年の時を経て初期作品『東京BABYLON(とうきょうバビロン)』のアニメ化が決定されました。

アニメタイトルは『東京BABYLON 2021』です。

 

2020年10月26日には、第1弾PVが公開されていました。

OP一発目の桜が流れるシーンで、昔を思い出した方も多いんじゃないでしょうか。

ただ、キレイなビジュアルだとは思いますがCLAMPの絵とはかなりかけ離れている印象があります。

ぶっちゃけ「なんかコレじゃないな…」感は強いですね。

 

『東京BABYLON 愛蔵版』と表紙と比べても、かなり違います。

30年ぶりと言うことで作画はある程度仕方ないとも思いますが、もう少し似せてほしかったような気もします。

アニメ化する前に愛蔵版を買って読み直そうと思ってましたが、これなら愛蔵版を読むだけの方が良いかもですね(笑)

 

ちなみに愛蔵版は、Amazonや楽天で買うとかなり高いです。

Amazonだと中古で1冊6,000円とかするので、オススメは電子書籍です。

特にeBookJapanならPayPayでオトクに買えるし、Yahoo!プレミアム会員なら2%相当がバックされるのでオトクです。


コミックは世界最大級の電子書店『ebookjapan』で!

 

東京BABYLON あらすじ

あらすじは、以下のとおりです。

生まれながらに高い霊力を持つ皇昴流は、
永きにわたり日本を霊的に守ってきた皇家の第13代当主。
陰陽師の修行の一環として、双子の姉・北都とともに
東京で起きる様々な霊的事件を解決する依頼を引き受けていた。

ある日、仕事の依頼で出かけた昴流は、
桜が舞い散る東京タワーの麓で、獣医師の桜塚星史郎と出会う。
昴流を気に入った星史郎は、
霊的事件を解決する昴流の仕事を見守り、時に手助けするように。

優しすぎるが故に、他人の痛みを引き受け、傷つく昴流。
そんな昴流の身を案じる北都は、星史郎の存在を歓迎し、
3人は事件を通じて、少しずつ交流を深めていく。
しかしそれは、残酷な運命の始まりでもあった……。

公式サイトより引用

 

東京BABYLONの制作会社について

この美麗なビジュアルは、アニメ制作会社『GoHands』によるものです。

GoHandsの制作作品としては、

  • 生徒会役員共
  • ハンドシェイカー
  • COPPELION
  • W’z(ウィズ)
  • K

この辺りが代表的だと思います。

 

ネットでは

『今のGoHandsは色彩迷彩が苦手だし、グラデ色が強すぎる』
『エフェクト処理がキツい』

という意見もありましたが、個人的にはPVぐらい色鮮やかな作品が好きです。

 

声優などはまだ発表されていないので、発表され次第また追記していきます。

こんな記事も読まれています

  1. ド級編隊エグゼロス 動画
  2. グレイニプル 動画
  3. 天気の子 動画
  4. Fate/kaleid liner Prisma☆Illya プリズマ☆ファンタズム 動画
タイトルとURLをコピーしました